防音室を作るなら、どんなリフォームが必要?

自宅に防音室を設置するなら、どんなリフォームを行う必要があるのでしょうか?

部屋丸ごとを防音室にするのであれば壁や床、天井や窓などの全てを工事する必要であり、防音性能や遮音性能を満たしていなければならないのです。

どんな音を出したいか、どんな目的で防音室を使用したいかによって必要な工事が異なり、下の階への足音を防音したいなら防音カーペットや床の工事を行う事になりますよ。

楽器を演奏するなら遮音や防音、吸音のための工事を行うだけでなく、残響の考慮も必須だと言えるでしょう。

防音室をシアターとして使用するのであれば、遮音性能を高める工事が必要ですよ。

市販されている防音ボックスを部屋に設置する方法は、設備を組み立てるだけで規模の大きい工事を行わないため費用を抑えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。